Event is FINISHED

灯台もと暮らしの3社合同企業特集イベント「共感と購買をどうつなぐ?〜想いが伝わる店づくり〜」

Description

こんにちは! これからの暮らしを考えるウェブメディア『灯台もと暮らし(もとくら)』編集部です。


2017年の暮れに、もとくらの「企業特集」に登場した3社が一同に集う、編集部主催のスペシャルな合同イベント、「共感と購買をどうつなぐ?」が開催されました。


第1弾のイベントレポートはこちら


参加企業は、島根県石見銀山・大森町「群言堂」、愛媛県今治市「IKEUCHI ORGANIC」、京都府京都市「坂ノ途中」の3社。


今、私は何を継げるか?【島根県石見銀山・群言堂】特集、はじめます。




もしかしたら本当に、このタオルはいつか世界を変えるのかもしれない。【愛媛県今治市・IKEUCHI ORGANIC】企業特集、はじめます。



おいしい野菜を毎日食べたら、もっと楽しい未来に出会えるはず。【京都・坂ノ途中】特集、はじめます。




そして、来たる2018年3月17日は、当イベントの第2弾を京都で行うこととなりました!

第1弾のテーマ、「共感と購買をどうつなぐ?」に関連して、今回はさらに想いが伝わる「お店づくり」に焦点を当てたイベントを開催。

当日は、「店舗に立つってどんなこと?」「共感できる店づくりとは何?」をメインテーマに、店舗スタッフや役職者がトークセッションを実施します!


(トークセッションの後には各社イチオシの物販や、懇親会も行う予定です!)






一部トークセッション

テーマ「店舗に立つってどういうこと?」


<登壇者>

島根県 群言堂(石見銀山生活文化研究所)

■京都店 店長 萬野幸美



愛媛県 IKEUCHI ORGANIC

■京都店店長、店舗統括マネージャー 益田晴子


京都府 野菜提携企業 坂ノ途中

店舗マネージャー 原田有佳子

(写真右)


■モデレーター 『灯台もと暮らし』編集部 くいしん



二部トークセッション

テーマ「共感できる店づくりとは?」


島根県 群言堂(石見銀山生活文化研究所)

■松場忠



愛媛県 IKEUCHI ORGANIC

■代表取締役 阿部哲也



京都府 野菜提携企業 坂ノ途中

■代表取締役 小野邦彦



■モデレーター 

『灯台もと暮らし』運営会社 

Wasei代表 鳥井弘文



当日のタイムスケジュール


12:30 受付開始 

13:00 イベント開始

13:10 一部トークセッション

(休憩・交流時間)

14:30 二部トークセッション

16:00 懇親会

17:00 終了、解散




■こんな方はぜひご参加ください!


・群言堂のファンの方

・IKEUCHI ORGANICのファンの方

・坂ノ途中のファンの方

・企業の広報を担当している方

・店長、代表の話が聞きたい方

・これからの暮らしや企業のあり方を考えている方

・灯台もと暮らしで、次に企業特集を組んでほしい!という方

・着心地のよい服を探している方

・毎日に寄り添ってくれるタオルがほしい方

・おいしい野菜が食べたい方

・灯台もと暮らし編集部に会いたい方

・何か新しい出会いを求めている方


■主催

株式会社Wasei 『灯台もと暮らし』編集部


前回の企業特集イベントの様子







Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#320424 2018-03-02 01:19:47
More updates
Sat Mar 17, 2018
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
〒600-8119, 本塩竈町, 下京区 京都市 Japan
Organizer
株式会社Wasei
829 Followers